学びの仕組み

国際コミュニケーションコース

国際コミュニケーションコース履修モデル

国際コミュニケーションコースでは、「コミュニケーション」、「文化」、「言語」の3つの大きな視座を想定し、それに応じた科目群を提供しています。以下に示す履修モデルは、それらの視座に沿ったものですが、実際の国際コミュニケーション活動には、どの領域の知識も必要であることは明らかです。この3つのモデルは、主として自分の関心がどこにあるかによるモデルと言えます。一方、現実的な問題として、将来の進路(マスメディア、国際的な組織・機構、ことばを専門とする通訳者・翻訳家、あるいは言語・コミュニケーション・文化の研究者等)などを考えた場合、下記のどれかのモデルを基礎に、他のモデルから必要と思える科目を取り込んで、自分専用にカスタマイズした履修モデルを作り上げることが望ましいです。

○ コミュニケーション
○ 文化
○ 言語

履修モデル1 コミュニケーションを基軸として

必修科目(A群 1・2年次)
入門セミナーⅠ・Ⅱ、国際コミュニケーション総論Ⅰ・Ⅱ

コース・コア科目(A群)

1・2年次
コミュニケーション論Ⅰ、比較文化概論Ⅰ・Ⅱ、言語科学概論Ⅰ・Ⅱ、コミュニケーション研究法の全体像

3・4年次
Intercultural Communication、Intercultural LiteracyⅠ・Ⅱなど

コース・コア科目(B群)

2年次
宗教文化論Ⅰ・Ⅱ、紛争解決と法、コミュニケーション論Ⅲ・Ⅳ、コンピュータによる調査データの解析、インターンシップ(1~3年次)、コミュニケーションの質的分析法Ⅰ、コミュニケーションの量的分析法Ⅰ、海外実地研修など

3・4年次
アンケート・社会調査の方法、コミュニケーションの質的分析法Ⅱ、コミュニケーションの量的分析法Ⅱ、広告コミュニケーション論、国際ビジネス・コミュニケーションⅠ・Ⅱ、インターカルチュラル・トレーニング、多言語社会とコミュニケーションなど

自由選択科目

2~4年次(青山スタンダード科目)
マスメディアと社会、日本社会史A・B・C、文化人類学A・B、比較文化A・B、アメリカ合衆国の社会と文化A・B・C、英語圏の社会と文化B、フランス語圏の社会と文化A・B・C、ドイツ語圏の社会と文化A・B・C、スペイン語圏の社会と文化A・B、中国語圏の社会と文化A・B、ロシア語圏の社会と文化A・B、韓国・朝鮮の社会と文化A・B、イスラム圏の社会と文化A・Bなど

2年次(学科科目)
国際NGO論Ⅰ・Ⅱなど

履修モデル2 文化を基軸として

必修科目(A群 1・2年次)
入門セミナーⅠ・Ⅱ、国際コミュニケーション総論Ⅰ・Ⅱ

コース・コア科目(A群)

1・2年次
コミュニケーション論Ⅰ、比較文化概論Ⅰ・Ⅱ、言語科学概論Ⅰ・Ⅱ、コミュニケーション研究法の全体像

3・4年次
Intercultural Communication、Intercultural LiteracyⅠ・Ⅱなど

コース・コア科目(B群)

2年次
宗教文化論Ⅰ・Ⅱ、イギリス文化論、韓国文化論、コミュニケーション論Ⅲ・Ⅳ、イスラム文化論、日本文化論、フランス文化論、ドイツ文化論、スペイン文化論、アングロ・アメリカ文化論、イベロ・アメリカ文化論、インターンシップ(1~3年次)、海外実地研修など

3・4年次
ヨーロッパ文化論Ⅰ・Ⅱ、中国文化論、文化と歴史観など

コース・コア科目(C群)
フランス語文献精読Ⅰ・Ⅱ、ドイツ語文献精読Ⅰ・Ⅱ、スペイン語文献精読Ⅰ・Ⅱ、中国語文献精読Ⅰ・Ⅱ、ロシア語文献精読Ⅰ・Ⅱ

自由選択科目

2~4年次(青山スタンダード科目)
文化人類学A・B、比較文化A・B、比較文化の諸問題A・B、日本社会史A・B、中国史A・B、ヨーロッパ史A・B・C、現代史A・B・C・D、アメリカ合衆国の社会と文化A・B・C、英語圏の社会と文化B、フランス語圏の社会と文化A・B・C、ドイツ語圏の社会と文化A・B・C、スペイン語圏の社会と文化A・B・C、中国語圏の社会と文化A・B・C、ロシア語圏の社会と文化A・B、韓国・朝鮮の社会と文化A・B、少数民族の社会と文化A・B、民族文化論A・Bなど

履修モデル3 言語を基軸として

必修科目(A群 1・2年次)
入門セミナーⅠ・Ⅱ、国際コミュニケーション総論Ⅰ・Ⅱ

コース・コア科目(A群)

1・2年次
コミュニケーション論Ⅰ・Ⅱ、比較文化概論Ⅰ・Ⅱ、言語科学概論Ⅰ・Ⅱ、コミュニケーション研究法の全体像

3・4年次
言語の仕組み、Intercultural Communication、Intercultural LiteracyⅠ・Ⅱ

コース・コア科目(B群)

1・2年次
インターンシップ(1~3年次)、海外実地研修など

3・4年次
社会言語学入門、社会言語学特講、認知言語学入門、多言語社会とコミュニケーション、言語形式と意味、言語の普遍性、英語発音の理論と演習Ⅰ・Ⅱ、通訳の理論と実践Ⅰ・Ⅱ、翻訳の理論と実践Ⅰ・Ⅱ、Conference Communication、Negotiation Communicationなど

自由選択科目

2~4年次(青山スタンダード科目)
言語学A・B、日本語学A・B、文化人類学A・B、比較文化A・B・科学思想史A、ことばの研究A・B、少数民族の社会と文化A・Bなど