学生生活・進路

指導室紹介

外交官や国際機関職員、ジャーナリストを志望する学生をサポートする「指導室」

国際政治経済学部では外交官や国際機関の職員を志す学生をサポートする「外交・国際公務指導室」と、ジャーナリストを志す学生をサポートする「ジャーナリズム指導室」が設置されています。各指導室では、同じ志を抱く学生が有益な情報を交換しながら、専門的な学習やトレーニングを積んでいます。

外交・国際公務指導室

グローバルに活躍できる人材の輩出を目指しています。
外交・国際公務指導室は外交官および国際機関の職員を志望する学生のために開設されています。

外交・国際公務指導室は、外交官や国際機関職員など国際舞台で活躍する人材の育成のため、1982年に国際政治経済学部の開設と同時に設けられた組織で、外務省や国連等の国際機関の職員を多数輩出しています。その他にもOB・OGの方々は指導室で得た知識と経験を活かし、多方面で活躍されています。

主な活動として、キャリア講座と勉強会を開催しております。キャリア講座では、目標を実現させるためのキャリアプランの立て方や、JICA・外務省などの機関に訪問するなどの活動を通じて、外交官および国際公務員を目指す上での心構えを身につけます。勉強会では、世界で活躍するために必要な国際法学、国際関係の知識を、プレゼンテーションおよびディスカッションを重視した形で学ぶことができます。活動を通じて、同じ志を持つ室員と、お互いの目標に向かって議論を深め合い、強固な人間関係を築けるのも本指導室の大きな魅力です。

さらに、実際に外交官や国際公務員として活躍なさっている本指導室の先輩および外部の方の講演会も行っております。現場での経験から大学生活の過ごし方まで、将来の進路を考える上での貴重な話を伺える機会があります。

高い志を持つ学生の入室を期待しています。

外交・国際公務指導室ブログ

ジャーナリズム指導室

ジャーナリズム指導室は、国際ジャーナリストの輩出を目的とする組織です。

ジャーナリズム指導室は、国際ジャーナリストの輩出を目的とする組織で、新聞・テレビ・ラジオ・通信などマスコミへの就職を目指す学生が集まって活動しています。

現在同室では、マスコミ業界を志す国際政治経済学部の学生30余人が、ジャーナリズムの基本を学び、報道の様々な事例を研究し、さらにメディアについての情報を交換し、マスコミ試験対策の勉強を進めています。

毎週土曜日に、現役ジャーナリストの朝日新聞編集員の方を講師に招いて、取材や記事作成方法について直接指導を受けています。文章の作成・推敲、ニュースレビュー、DVD鑑賞(近代史)、語句(漢字、四字熟語、慣用句、ことわざ)の理解を深める勉強、取材・作文演習、ディベートといった指導内容です。その他に、文章能力向上のための勉強会、マスコミ各社への訪問・見学会なども実施しています。

また、新聞社、放送局で活躍中の国際政治経済学部OB・OGの方から、仕事内容の紹介、試験突破のためのアドバイスをいただく機会もあります。

将来、報道や政策を通じて、社会貢献、国際貢献したいという、意欲溢れる学生の入室を歓迎します。

ジャーナリズム指導室ブログ