学生生活・進路

取得可能な資格

取得可能な資格をご紹介いたします。

司書

「司書」とは、公共図書館の専門職員となるための資格です。本資格を取得するにあたっては、「図書館法」等の根拠法令等に基づいて本学において開設される授業科目の単位を修得し、学士の学位を有することが必要になります。

社会教育主事

「社会教育主事」とは、地域の社会教育活動に携わる専門職員となるための資格であり、都道府県・市区町村の教育委員会の職員として、地域の公民館や教育関連施設において青少年教育や生涯学習等の社会教育活動に関する指導・助言を行う専門職です。

本資格を取得するにあたっては、「社会教育法」等の根拠法令等に基づいて本学において開設される授業科目の単位を修得し、卒業後に地方公務員採用試験に合格したうえで、教育委員会等で1年以上に亘って社会教育主事補として経験を積むことなどにより、都道府県・市区町村教育委員会から、社会教育主事として任用される資格を得ます。

学芸員

「学芸員」とは、博物館や美術館等の専門職員となるための資格であり、博物館・美術館・水族館・動物園・植物園等において、資料の収集、保管、展示及び調査研究等を行う専門職です。

「学芸員」の資格取得にあたっては、「博物館法」等の根拠法令等に基づいて本学において開設される授業科目の単位を修得し、学士の学位を有することが必要になります。

社会調査士

社会調査士とは、社会学系学会の支援のもと設立した「一般社団法人 社会調査協会」が運営する資格制度で、社会調査協会から認定されている本学部の該当科目を履修・修得すれば、卒業時に資格が交付されます。

アンケート調査法やインタビュー手法、また統計処理など、実践的なトレーニングを通して、社会現象を科学的・客観的に観る視点を養い「調査の専門家」としての知識・技術を身につけます。

将来は、マスコミや一般企業のマーケティング部門をはじめ、地方自治体や中央官庁のおける調査・企画部門、さらには大学、研究所、シンクタンクの研究部門などで活躍することが期待されます。