学部情報

指導室紹介

外交官や国際機関職員、ジャーナリストを志望する学生をサポートする「指導室」

指導室とは、ある特定の分野や目的に対して勉強・研究をおこなう、各学科を横断して形成させている組織です。勉強・研究の過程では、本学部の卒業生や現役のジャーナリストなど、社会の第一線で活躍する人たちと接する機会もあります。

外交・国際公務指導室

真の「国際人」としてのスキルを身につける

外交・国際公務指導室は、外交官や国際公務員など国際社会での活躍を目標とする学生が所属し、自分の興味・関心に沿った研究をしています。
高度にグローバル化した昨今の社会を正しく理解し、自分なりの意見を持つことは、真の意味での「国際人」になるためには必須のスキルといえるでしょう。
同じ志を持った仲間が集まり、共に研究活動をすることはそのようなスキルを身につけるうえで重要です。
大学という場で自らの専門性を高めるべく切磋琢磨し、仲間と一緒に活動しましょう。

代表:国際経済学科 国際ビジネスコース3年 渡 千華

ジャーナリズム指導室

コロナ後のジャーナリズムを考える

NHK、共同通信、朝日新聞など報道界に数多くのジャーナリストを輩出してきたJ室(ジャーナリズム指導室)は、朝日新聞で論説委員と編集委員を歴任した隈元信一さんが講師を務め、マスコミ就職に不可欠な作文添削や、ジャーナリズム研究を行う団体です。新型コロナウイルスあ世界に大きな影響を与えました。それは、ジャーナリズム会も例外ではありません。デジタル化や、SNSなどニューメディアの成長に拍車がかかっています。コロナ後の世界で、ジャーナリストに求められるものとは何なのでしょうか。10年目を迎えるJ室で、いっしょに考えてみませんか。

代表:国際政治学科 政治外交・安全保障コース 2年 高木 郁弥

SANDS ( SIPEC & SDGs )

未来と世界を考える社会へと変えていく

私たちは、ニュースなどで耳にする機会の増えた「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成を目指し、大学生に何ができるかを考え、活動しています。これまで、世界食糧デーに合わせた「飢餓ゼロ1016キャンペーン」でも企画や講演会、教育機関への出張SDGsワークショップ、企業との共催イベントなどの運営を行ってきました。「SDGsの当事者」になれる瞬間を創り出し、未来と世界を考える社会へと変えていくことが私たちのもくひょうです。SDGsの期限である2030年は刻々と近づいてきています。社会課題に関心のある方、国際社会でチャレンジしたい方、ぜひ一緒にアクションを起こしましょう。

代表:国際政治学科 グローバル・ガバナンスコース 3年 合田 隆星

これまでの主な活動

(学内)

  • 飢餓ゼロキャンペーンの実施
  • 国連職員の方を招いた講演会の開催
  • 学内の環境問題にまつわるポスター掲示
  • 貧困地域の飢餓・フードロスに関するポップの構内掲示
  • SDGsに関連した選書

(学外)

  • 市民講座にて日常生活と環境問題についてを考えるワークショップの実施

学内で自分たちの企画を実施するだけでなく、様々な機関や自治体、企業とも協働しながらSDGsを推進する団体として、活動の場を広げていきたいと考えています。
個人の活動はあくまでも小さな一歩でしかありませんが、それが集まることで世界は変えられると私たちは信じています。
私たちと一緒にSDGs達成に向け、何ができるか考えてみませんか?