学部の特徴

外国語教育

外国語は学んだところがスタート。そのあとが重要

充実した外国語教育:4年間にわたるきめ細かい授業

国際政治経済学部では国際コミュニケーション能力の向上を図るために、国際問題や時事問題といった題材を通じて、Listening(聴解力)、Speaking(口頭表現力)、Reading(読解力)、Writing(作文能力)の総合的な開発を目指した外国語教育を展開しています。

国際政治経済学部の外国語教育は、英語とそれ以外の外国語(フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、ロシア語、韓国語)の教育から成り、入学から卒業までの4年間にわたって行われています。学生は英語圏だけでなく広い国際視野を持つために、英語以外の外国語からひとつの外国語を選択して、言語運用能力を養うと同時に、文化も学びます。英語教育においては、オーラル・コミュニケーション科目に重点を置いた教育が行われ、授業の多くが英語で行われています。入学時に全新入生に対してテスト(ITP、TOEFLの模擬試験)を実施し、能力別のクラスできめ細かい授業を行っています。英語教育は、English Communicationの各コースとReading、Writingに分かれます。

専門科目を英語で学ぶGlobal Studies Program(GSP)を開設

卒業要件132単位の1/3 ~半数を英語で学ぶプログラムです。
修得単位数に応じてSilver Course、Gold Course※として修了証が授与されます。英語により行われる専門科目のほか、協定校留学、短期海外研修で修得した単位等が対象となります。
※Silver Courseは40単位以上、Gold Courseは66単位以上が修了要件です。

グローバル・スタディーズ・プログラム(GSP)選択者インタビュー

英語、国際に興味があれば迷わずGSPを選択するべき

国際経済学科
国際ビジネスコース 4年
河津紫音 さん……KAWATSU, Shion

GSPは、英語を学ぶのではなく、「英語で」学ぶコースです。友達が日本語で学んでいる分野を英語で学
ぶので、英語が苦手であれば、チャレンジングなコースかもしれません。しかし、学問の知識と同時に英語
力を養うことができるので、英語や国際を軸に将来を考えている人にとって、これほど最高な環境は無い
と思います。さらに、英語講義には、留学生もたくさんいるので、授業の雰囲気が日本の授業とは異なり、
積極的に英語の質問や議論が行われます。また、留学生と友達になり、国際交流をすることもできるので、
まるで留学をしたかのような気分になれます。私はこのコースに参加したことによって、実践で使える英
語力を得ることができました。私はアルバイトで英文メールや電話を海外の相手と頻繁にやりとりする
必要がありましたが、GSPを選択しなければ、そのような業務はこなせなかったと思います。また、留学生
の友達がたくさんできて、授業の内容を教えてもらったり、授業後に一緒にランチを食べたり、国際交流
を積極的に行えたことも、私の大学生活の大切な思い出であり、財産になりました。GSPに入ることで、
違う角度から、大学生活を楽しむことができるようになります。