進路について

大学院進学

高度情報化・知識社会といわれる現代で活躍するために、知的能力を磨きたい。キャリアアップしたい。そんな希望にこたえるための大学院です

大学院内部進学

各専門分野における学問・知識や技能は、いまや、大学での4年間では十分に学びきれないほど多岐にわたり、高度化・専門化しています。学生が巣立っていく現代の社会は、高度情報化・知識社会であり、そこで活躍する準備として、大学院へ進んで、大学で学んだ知識・技能をさらに発展・充実させ、知的能力を磨き、鍛えたいという希望とニーズが高まっています。これは、将来のキャリアとして、学問・研究の道へ進みたい人にも、産業社会で高度専門職業人として活躍したい人にもいえることです。
国際政治経済学部で習得した知識・技能を基礎として、大学院へ進学したい人のための進路の一つとして、国際政治経済学研究科があります。国際政治経済学部の学生が3年終了時に、卒業要件の90%以上の単位を修得し、平均点(GPA)があるレベルに達している場合、4年生次において、大学院の国際政治経済学研究科の科目を履修できます(大学院科目特別履修生制度)。履修した科目は、大学院に入学した時点で、単位として認定されます。このため、大学院での在籍は1年間で修士の学位を取得することが可能になっています。

修士課程

本課程に2年間、4学期以上在学して所定の単位を修得し、修士論文あるいは特定の課題研究の成果の審査および最終試験、1外国語の認定に合格すると、修士の学位が取得できます。

博士後期課程

研究者として自立した研究活動を行うために必要な高度な能力と、それを支える豊かな学識を養うことを目標とした課程です。本課程に3年以上在学して必要な研究指導を受け、博士論文の審査および最終試験、1外国語の認定に合格すると、博士の学位が取得できます。

他大学、海外大学院進学

本学部の卒業生の多くが大学院に進学します。特に近年その傾向を強めているのが、海外の大学院への進学です。これらの卒業生の中には、国連や世界銀行などの国際組織やNGO等で活躍している者もいます。国内の他大学大学院に進学する者も数多くいます。本学部大学院をへて、他大学に進学・留学することももちろん可能で、政治・経済学だけでなく、哲学、歴史学など、さまざまな領域に進学しています。

進学実績(国内他大学)

東京大学大学院
一橋大学大学院
上智大学大学院
神戸大学大学院
大阪大学大学院
筑波大学大学院
東京学芸大学大学院

海外研修

イギリス

ロンドン大学 / ケンブリッジ大学 / エセックス大学 / サセックス大学

オランダ

ライデン大学

オーストラリア

シドニー大学 / モナッシュ大学 

アメリカ

アメリカン大学 / ウィスコンシン大学 / カリフォルニア大学 / コーネル大学 / コロンビア大学 / シカゴ大学 / シラキュース大学 / スタンフォード大学 / ハワイ大学 / ピッツバーグ大学 / プリンストン大学 / マサチューセッツ大学 / ミシガン大学 / ミシガン州立大学 / 南カリフォルニア大学 / ジョンズ・ホプキンス大学 / ワシントン大学

カナダ

クイーンズ大学 / ブリティッシュ・コロンビア大学