学部の特徴

少人数ゼミナール教育

同じ研究テーマをもつ仲間とアイディアを交換しながら行う本格的研究の場

国際政治経済学部の専門教育は、3年次・4年次の2年間のゼミナール教育を中心に本格的に行われます。大学の授業方法には、基本的に講義形式と演習形式の2つの方法があり、演習形式の授業では各教員の提示する研究テーマの中から興味のあるものを学生が選択し、その研究テーマについて学生が自主的に学習し、その成果を報告します。この授業は主に質疑応答によって進められ、通常"ゼミナール"と呼ばれます。

国際政治経済学部のゼミナールは、学際的教育をモットーとしていますので、入学した学科教員のゼミナールに限定されることなく、多彩な研究テーマから自分の関心のあるゼミナールを自由に選択できるシステムとなっています。各ゼミナールの募集定員は、1学年およそ8~10名という少人数構成で、全員がゼミナールに所属することが可能です。国際政治経済学部のゼミナールは、2年間の継続履修を原則としており、卒業時に論文や研究報告という形で成果をまとめます。

ゼミ合宿(トヨタ産業技術記念館を見学)
鶴田ゼミのメンバー
ディスカッションしたり、お互いを高め合う存在。

1から4年次へと続く少人数ゼミ

1年次/入門セミナー
専門分野への導入と学習の方法やスキルの獲得

本学部で学ぶ専門分野について、様々な角度から触れることによって、その概要を把握します。
また、資料文献の読み方、レポートの書き方、プレゼンテーションやディスカッションの方法など、大学生として必要なスキルを演習形式の能動的な学習によって身につけます。

OGUSU'S Voice

たくさんの分野を知ることで自分にあった専門分野を発見

経済学には、ミクロ、マクロ、計量、行動経済学など、様々な分野があることを知り、自分の興味関心に沿った専門分野を見つけることができました。また、レポート作成時には、図書館で必要な情報を集めるなど、自発的な行動が大切であることも実感しました。

2年次/プリゼミ
専門知識の修得 論理的思考力・表現力の獲得

専門的な学びへの導入期間。少人数制のクラスで、1年次に関心をもった分野の教員と密に接しながら、専門知識を築きます。研究・プレゼンテーション・ディスカッションなどを通して論理的思考力・表現力を培い、専門的な研究へつなげていきます。

OGUSU'S Voice

意見交換を通して新しい視点や考えに気づく

友原先生は講義に公文式やイーラーニングを取り入れるなど、個性的なスタイルであることに惹かれて受講しました。プリゼミでは、わからないことをみんなで一緒に考えたり、意見交換をすることで、自分にはない視点や考え方に気づき、とても刺激を受けました。

3・4年次/演習(ゼミ)
課題解決力の育成 専門知識と思考力・表現力を結びつける

学科にこだわることなく個々の学習目標に合わせ自由にゼミ選択が可能です。平均6名の少人数クラスにより、研究発表や討論中心の授業が展開されます。
専門分野を深める過程で、幅広い視野の獲得、論理的思考力、表現力を身につけ、課題解決能力を養うと同時に、将来の方向性を見いだしていきます。また、卒業に向けて、研究テーマを深化させ、演習論文にまとめます。

企業活動や規制・競争政策に関するデータ分析

データ分析の技術と理論を学び社会に対する問題意識を持つことが目標

国際経済学科
准教授
鶴田 芳貴 さん……TSURUTA, Yoshitaka

見かけの数字にだまされない、確かなデータ分析力を身につけることを、私のゼミでは最も重視しています。当然の事実と思っていたことをデータ分析の見知から再検証してみると、まったく異なる結果が浮かび上がったという事例は少なくありません。まず学生自身がそのことに気がつくことが大切です。
ゼミでは、グループや個人で企業活動やそれに関係する政策を取り上げ、データに基づいて分析し意見交換の機会を交えつつ、プログラミングなどの技術や理論を学びます。4年次には、自ら設定した課題についてデータを収集・分析し、自分なりの考えに根ざした問題意識を卒業論文執筆時にもてるようになることを目標としています。

<ゼミテーマ例>

国際政治部門

  • アジア太平洋の国際関係
  • 日本とアジア太平洋の国際関係
  • グローバリゼーションの政治経済学
  • Japan’s Response to North Korea’s Challenge: How to Deal with the Nuclear and Missile Threats while Giving Consideration to the Abduction Issue
  • 湾岸諸国における移住家事労働者―UAEの官民連携施錠システムの有効性と限界―
  • BREXITが北アイルランドの平和に与える影響
  • 政治とメディアはどのような関係を築いていくのが望ましいかー米大統領の戦略を通して考えるー

国際経済部門

  • 日本経済および国際経済問題の実証的研究
  • 企業活動や規制・競争政策に関するデータ分析
  • The economic impact of temperature fluctuation in Japan
  • なぜNFL(National Football League)の収益は世界最大なのか
  • サブサハラアフリカ地域における地下水資源の持続可能性
  • アパレル業界の課題と展望についてー回帰分析によるアパレル業界・企業の要因分析―

国際コミュニケーション部門

  • Intercultural Communication in Multicultural Societies
  • ことばと社会の相互作用
  • Copies and their Pronunciations in Wh-questions in Koromfe
  • The Study of Gender Difference in Stress Levels: The Effectiveness of Self-disclosure
  • The Study of Gender Difference in Stress Levels: The Effectiveness of Self-disclosure
  • 外国人留学生の来日目的と労働状況の実態―ベトナム留学生を対象にした研究からー
  • 大学国際寮に住む日本人学生の留学生との対人関係構築

国際マネジメント部門

  • 企画経営と価値創造

少人数ゼミ体験レポート

学生が主体的に関わりデータ分析の力を磨く

国際経済学科
国際ビジネスコース 4年
小楠 宥里 さん……OGUSU, Yuri

大学で経済を勉強する中で、現実の社会と経済学の理論のギャップを感じるようになり、実社会のデータを分析するとどうなるのだろうと思い、データ分析をおこなっている鶴田先生のゼミに入ることにしました。ゼミでは、データ分析の教科書を学生が順番に講義をするなど、一人ひとりの学生が主体的に関わっていきます。実際に授業をしてみると、自分の理解していなかった部分が浮き彫りになり、知識をより深く吸収できたと思います。卒業論文では、働き方改革にも関係のあるコーポレートガバナンスをテーマにする予定です。IT化が進む現代ではデータをどう扱うかが重要になります。ゼミで得たデータ分析の力を社会で活用していきたいと考えています。