学びの仕組み

国際ビジネスコース

国際ビジネスコース履修モデル

当コースは、経済学を基礎として、国際ビジネスに対する視座とスキルを養うことを目的としています。ここでは「企業行動の分析能力を養う履修モデル」、「企業マネジメントの基礎を学ぶ履修モデル」、「特定の地域研究を中心にした履修モデル」を紹介します。将来の進路(国際金融、海外営業職、国際物流など)を考えた場合、下記のどれかのモデルを基礎に、他のモデルやコースから必要と思える科目を取捨選択し、自分専用にカスタマイズすることが望ましいです。

○ 企業行動の分析
○ 企業マネジメントの基礎
○ 特定地域のビジネス環境

履修モデル1 企業行動の分析能力を養う

必修科目(A群 1・2年次)
入門セミナーⅠ・Ⅱ、経済学入門(ミクロ)、経済学入門(マクロ)、国際経済学入門

コース・コア科目(A群)

1・2年次
国際ビジネス入門、情報と組織の経済学、ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ

コース・コア科目(B群)

1・2年次
ゲーム理論Ⅰ・Ⅱ、国際産業論Ⅰ、国際マーケティング論Ⅰ・Ⅱ

3・4年次
ビジネス・エコノミクス、国際産業論Ⅱ、多国籍企業論Ⅰ・Ⅱ、ミクロ経済学中級Ⅰ・Ⅱなど

自由選択科目

1・2年次
国際環境経済学Ⅰ・Ⅱなど

履修モデル2 企業マネジメント(会計・ファイナンス・マーケティング・組織)の基礎を学ぶ

必修科目(A群 1・2年次)
入門セミナーⅠ・Ⅱ、経済学入門(ミクロ)、経済学入門(マクロ)、国際経済学入門

コース・コア科目(A・B群)

1・2年次
国際ビジネス入門、ビジネスマネジメントⅠ・Ⅱ、簿記論IA・ⅠB、インターンシップなど

コース・コア科目(B群)

1・2年次
国際マーケティング論Ⅰ・Ⅱ、グローバル経営論Ⅰ・Ⅱ

3・4年次
コーポレートファイナンスⅠ・Ⅱ、管理会計論Ⅰ・Ⅱなど

履修モデル3 特定の地域に関する理解を深める(例:アジア地域の場合)

必修科目(A群 1・2年次)
入門セミナーⅠ・Ⅱ、経済学入門(ミクロ)、経済学入門(マクロ)、国際経済学入門

コース・コア科目(A・B・C群)

1・2年次
国際ビジネス入門、アジア圏概論、マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ、中国経済、国際産業論Ⅰ、地域研究(アジア経済)Ⅰ・Ⅱなど

3・4年次
マクロ経済学中級Ⅰ・Ⅱ、国際産業論Ⅱ、多国籍企業論Ⅰ・Ⅱなど

自由選択科目

1・2年次
開発経済学Ⅰ・Ⅱ、韓国文化論など

3・4年次
中国文化論など