学びの仕組み

グローバル・ガバナンスコース

グローバル・ガバナンスコース履修モデル

ここに紹介する履修モデルは、グローバル・ガバナンスコースを選択する学生が、各々異なった関心領域にしたがって科目を履修する例を示したものです。グローバル・ガバナンスコースにおける異なる関心領域は、例えば、「国際協力・国際平和維持とグローバル・ガバナンス」、「経済のグローバル化とグローバル・ガバナンス」、「グローバル・イシュー(人口・貧困・環境問題等)とグローバル・ガバナンス」というように分類できます。しかし、これらの分類はあくまでも一つの目安であるので、以下に紹介した履修モデルとは異なる科目の選択も十分に可能です。

○ 国際平和/国際協力
○ 政治・経済のグローバル化
○ グローバル・イシュー(人口・貧困・環境)

履修モデル1 国際平和/国際協力とグローバル・ガバナンス

必修科目(A群 1・2年次)
入門セミナーⅠ・Ⅱ、政治学原論Ⅰ・Ⅱ、グローバル・ガバナンス概論Ⅰ・Ⅱ

コース・コア科目(A群)

1・2年次
開発経済学入門Ⅰ・Ⅱ、国際政治学Ⅰ・Ⅱ、国際政治経済学Ⅰ・Ⅱ、国際法ⅠA・ⅠB、プリゼミなど

コース・コア科目(B群)

1・2年次
海外ボランティア実習、国連セミナー、国際交流実務論、国際機構論Ⅰ・Ⅱ、国際NGO論Ⅰ・Ⅱなど

3・4年次
国際平和協力論Ⅰ・Ⅱ、国際安全保障論Ⅰ・Ⅱ、国際制度論Ⅰ・Ⅱ、国連研究、国際法ⅡA・ⅡB、国際行政論Ⅰ・Ⅱ、演習ⅠA・ⅠB、演習ⅡA・ⅡB

履修モデル2 政治・経済のグローバル化とグローバル・ガバナンス

必修科目(A群 1・2年次)
入門セミナーⅠ・Ⅱ、政治学原論Ⅰ・Ⅱ、グローバル・ガバナンス概論Ⅰ・Ⅱ

コース・コア科目(A群)

1・2年次
国際政治経済学Ⅰ・Ⅱ、経済学入門(ミクロ)、経済学入門(マクロ)、国際経済学入門、プリゼミ、開発経済学入門Ⅰ・Ⅱなど

コース・コア科目(B群)

1・2年次
国際NGO論Ⅰ・Ⅱ、開発経済学Ⅰ・Ⅱ、国連セミナー、金融Ⅰ・Ⅱ、経済情報分析入門など

3・4年次
国際制度論Ⅰ・Ⅱ、国連研究、国際金融Ⅰ・Ⅱ、国際経済法Ⅰ・Ⅱ、国際行政論Ⅰ・Ⅱ、演習ⅠA・ⅠB、演習ⅡA・ⅡBなど

コース・コア科目(C群)

2年次
地域研究(アジア経済) Ⅰ・Ⅱ、地域研究(アメリカ経済)、地域研究(EU経済)など

履修モデル3 グローバル・イシュー(人口・貧困・環境)とグローバル・ガバナンス

必修科目(A群 1・2年次)
入門セミナーⅠ・Ⅱ、政治学原論Ⅰ・Ⅱ、グローバル・ガバナンス概論Ⅰ・Ⅱ

コース・コア科目(A群)

1・2年次
国際政治経済学Ⅰ・Ⅱ、国際法ⅠA・ⅠB 、開発経済学入門Ⅰ・Ⅱ、国際政治学Ⅰ・Ⅱ、プリゼミなど

コース・コア科目(B群)

1・2年次
開発経済学Ⅰ・Ⅱ、国際機構論Ⅰ・Ⅱ、国際NGO論Ⅰ・Ⅱ、海外ボランティア実習、国連セミナーなど

3・4年次
国際環境論Ⅰ・Ⅱ、国際制度論Ⅰ・Ⅱ、国際行政論Ⅰ・Ⅱ、国際法ⅡA・ⅡB、国連研究、国際正義論、演習ⅠA・ⅠB、演習ⅡA・ⅡBなど