学びの仕組み

政治外交・安全保障コース

政治外交・安全保障コース履修モデル

政治外交・安全保障コースの科目は、国際政治を主要国家や地域の視点から国際政治学、外交史、安全保障論、そして国際法などを通して学べるように配置されています。グローバル・ガバナンスコースが、特定の国や地域に関わりなく全地球的視野から国際政治にアプローチしようとしているのと対照的です。このコースの科目履修の仕方には、グローバル・ガバナンスコースの科目と組み合わせて履修するなど様々なバリエーションがあるが、以下にコース選択の判断材料として、政治外交・安全保障コースで考えられる4つのモデルを示します。

○ 政治理論
○ 外交史・国際関係史
○ 戦争・平和・安全保障
○ 地域研究

履修モデル1 政治理論(政治理論に焦点を置くアプローチ)

必修科目(A群 1・2年次)
入門セミナーⅠ・Ⅱ、政治学原論Ⅰ・Ⅱ

コース・コア科目(A群)

1・2年次
憲法と政治制度Ⅰ・Ⅱなど

2年次
政治過程論Ⅰ・Ⅱ、国際政治学Ⅰ・Ⅱ、国際政治経済学Ⅰ・Ⅱ、国際法ⅠA・ⅠB、プリゼミ

コース・コア科目(B群)

2年次
政治学方法論Ⅰ・Ⅱ

3・4年次
国際政治理論Ⅰ・Ⅱ、比較政治論Ⅰ・Ⅱ、政治思想史、国際法ⅡA・ⅡB、国際安全保障論Ⅰ・Ⅱ、マスメディアと国際政治、日本政治論Ⅰ・Ⅱ、日本の環境政策、演習ⅠA・ⅠB、演習ⅡA・ⅡB

履修モデル2 外交史・国際関係史(歴史的な視点に焦点を置くアプローチ)

必修科目(A群 1・2年次)
入門セミナーⅠ・Ⅱ、政治学原論Ⅰ・Ⅱ

コース・コア科目(A群)

1・2年次
憲法と政治制度Ⅰ・Ⅱなど

2年次
政治過程論Ⅰ・Ⅱ、国際政治学Ⅰ・Ⅱ、国際政治経済学Ⅰ・Ⅱ、国際法ⅠA・ⅠB、プリゼミ

コース・コア科目(B群)

2年次
国際関係史Ⅰ・Ⅱ、日本の外交、日本の防衛

3・4年次
外交史Ⅰ・Ⅱ、日本外交論Ⅰ・Ⅱ、政治思想史、日本政治論Ⅰ・Ⅱ、国際安全保障論Ⅰ・Ⅱ、演習ⅠA・ⅠB、演習ⅡA・ⅡBなど

履修モデル3 戦争・平和・安全保障
(戦争と平和の問題を中心とする安全保障問題に焦点を置くアプローチ)

必修科目(A群 1・2年次)
入門セミナーⅠ・Ⅱ、政治学原論Ⅰ・Ⅱ

コース・コア科目(A群)

1・2年次
憲法と政治制度Ⅰ・Ⅱなど

2年次
政治過程論Ⅰ・Ⅱ、国際政治学Ⅰ・Ⅱ、国際政治経済学Ⅰ・Ⅱ、国際法ⅡA・ⅡB、プリゼミ

コース・コア科目(B群)

2年次
政治学方法論Ⅰ・Ⅱ、国際機構論Ⅰ・Ⅱ、日本の外交、日本の防衛

3・4年次
国際安全保障論Ⅰ・Ⅱ、外交史Ⅰ・Ⅱ、国際政治理論Ⅰ・Ⅱ、日本外交論Ⅰ・Ⅱ、戦略論Ⅰ・Ⅱ、国際法ⅡA・ⅡB、演習ⅠA・ⅠB、演習ⅡA・ⅡB

自由選択科目

3・4年次
国際平和協力論Ⅰ・Ⅱなど

履修モデル4 地域研究(地域に視点を置いて国際政治を学ぶアプローチ)

必修科目(A群 1・2年次)
入門セミナーⅠ・Ⅱ、政治学原論Ⅰ・Ⅱ

コース・コア科目(A群)

1・2年次
憲法と政治制度Ⅰ・Ⅱなど

2年次
政治過程論Ⅰ・Ⅱ、国際政治学Ⅰ・Ⅱ、国際政治経済学Ⅰ・Ⅱ、国際法ⅠA・ⅠB、プリゼミ

コース・コア科目(B群)

3・4年次
アジア政治論、アジア太平洋政治論Ⅰ・Ⅱ、ロシア・中央アジア政治論、ヨーロッパ政治論Ⅰ・Ⅱ、アメリカ政治論、比較政治論Ⅰ・Ⅱ、日本政治論Ⅰ・Ⅱ、朝鮮半島政治論、日本外交論Ⅰ・Ⅱ、日本の環境政策、中国政治論Ⅰ・Ⅱ、欧州国際政治論、演習ⅠA・ⅠB、演習ⅡA・ⅡB

コース・コア科目(C群)

1・2年次
アジア圏概論、米洲圏概論、ヨーロッパ圏概論、中東圏概論、アフリカ圏概論、環太平洋圏概論、地域研究(アジア経済)Ⅰ・Ⅱ、地域研究(アメリカ経済)、地域研究(EU経済)など