学びの特色

フレキシブルなコース・ゼミ選択

貴重な4年間の学びを自分に合わせてカスタマイズ

本学部では、3つの学科と5つのコース、40名程の教員が担当する専門ゼミ(プリゼミ・演習)とを色々に組み合わせて選択することができるユニークな制度を整えています。それぞれの関心や進路に合わせて学科、コース、そしてゼミを組み合わせ、領域をまたいで学習する機会を提供します。

3学科

本学部には国際政治学科、国際経済学科、国際コミュニケーション学科の3学科が設置されています。一定の条件を満たすことによって転学科が可能となります。また、自分の関心領域によって、2年次にコースを自由に選択することができます。

5コース

本学部には、政治外交・安全保障コース、グローバル・ガバナンスコース、国際経済政策コース、国際ビジネスコース、国際コミュニケーションコースの5コースがあります。学生は2年次からこのコースに所属し(コース選択は1年後期)、コースカリキュラムに則って科目履修を行います。各コースは将来の職業に直結するものでなく、学生の学習上の関心を分類することで、選択科目の指針を与えるものです。したがって、他コース科目も履修が可能です。

プリゼミ(政治4、経済7)

2年次の「プリゼミ」は、専門分野をゼミ形式で学ぶ半期講座です。2014年度は、政治分野で4講座、経済分野で7講座を開講していますが、これらは全ての学科・コースの学生に開かれています。プリゼミは専門研究の入り口です。自分の研究関心を見極めたり、自分が関を持つ隣接分野の知識を得たりすることができます。

演習(ゼミナール)

3年次から始まる演習(ゼミナール)は、ほぼ学部所属の教員数に等しい40程度が開講されており、通常、2年間継続履修して研究を深めます。演習は、学科・コースによらず全ての中から選択が可能です。演習の履修には2年の後期に選考がありますが、すべての学生がどこかのゼミナールに所属することが可能です。ゼミは本格的な専門研究を行う場です。授業は研究発表や討論を中心に展開され、論文や研究報告での成果が求められます。

Global Studies Program(GSP)

国際政治経済学部では、グローバル人材養成という社会的要請に応え、カリキュラムの一層の充実をはかるため、2015年度よりGSPを開設しました。卒業までに単位の半数以上を英語講義で習得することを条件に、プログラム修了生には英語能力の証明として、国際政治経済学部独自の「Global Studies Program修了証」が授与されます。また、就職活動などにおいてこのプログラムに登録していることを履歴書へ記載することもできます。

1年次後期→各自の興味・関心にもとづきコースを自由に選択します。

2年次以降→選択したコースを中心に、専門的な学習を深めます。