グローバルな取組み

将来は海外のビジネスに関わりたいとの思いで、ドイツに留学。

国際経済学科3年 国際経済政策コース
大林 佑佳(Obayashi Yuka)
[ 留学先 ] University of Münster(ドイツ)
[留学期間] 2015年9月~2016年8月

私は海外とのビジネスに関わりたいという思いがあったため、世界共通言語である英語で経済やビジネスを学ぶことができる、国際政治経済学部に入学しました。

私がドイツに留学するきっかけとなったのが、大学1年の夏に参加した、学部主催のEU研修です。最初は英語圏への留学を考えていましたが、そのときドイツの経済政策、環境や難民問題への取り組み方、ドイツ人の論理的な話し方に魅力を感じ、学生の街、ミュンスターで学ぶことに決定しました。

ビジネスの授業は実践的で、具体的な数値を使って計算をする機会が多くありました。数学ばかりの授業は大変でしたが、友人と支えあい、乗り越えることができました。 また、ドイツでは常に理由を求められるので、ディスカッションや普段の会話を通して、論理的な話し方が身に付きました。他にも、ブンデスリーガ観戦、トルコやフランスの友人宅に滞在したことは貴重な思い出です。

留学を決意するのは容易ではありませんが、協定校の数も多く、国際交流センターのサポートも手厚いので、自分に合う留学先を必ず見つけられます。

挑戦して後悔することはないと思うので、この機会に、青山学院大学の学生として、海外にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。