●圧縮陳列

ドンキホーテのの店舗は、「大規模小売店舗における小売業の事業活動の調整に関する法律」の規制緩和に伴い出店が原則自由化された売場面積 1,000u未満の店舗開発を基本としているが、他のコンビニエンスストア並の陳列方法では総合ディスカウントストアとしての豊富な品揃えをすること及び商品にボリューム感を演出することには限界がある。 そこで、限られた売り場面積で可能な限り商品アイテム数を多く陳列する「圧縮陳列方法」を採用することで、豊富な品揃えの実現とボリューム感の演出を実現している。 具体的には壁、天井等を使った3次元的な陳列法、何種類かの商品を盛り込んだ山積み陳列法などを行い、これによって、店内は商品のジャングルと化し、豊富な品揃えと「おもしろさ・楽しさ」を演出している。